当サイトでは目が良くなる方法を大きく分けて3つの方法でご紹介しています.
一つは目が良くなるトレーニング、つまり視力回復トレーニング。
目の筋肉をほぐし、血行を良くして疲れ目等の改善をはかるものや、
視力回復のための専門的なトレーニングを毎日数分行い、視力を回復させてしまうトレーニングまで
幅広く存在しています。

次にレーシック
これは今や最もポピュラーな視力回復法で、手術により角膜を矯正して目を良くします。
私もこのレーシックにより視力回復を行いました。
目が良くなる方法としては、当時の私の中ではコンタクトレンズかレーシックしかなかったので、
レーシックという選択をしました。

最近知った目が良くなる方法としては「オルソケラトロジー」というものがあります。
寝ている間にコンタクトレンズを装着して、朝起きたらそのコンタクトレンズを外します。
特殊なコンタクトレンズが就寝中に角膜の形状を矯正して、起きている間は矯正された形状により
視力が良くなっているというもの。
こちらの手法は手術をすることなく、日中裸眼で目が良くなっている状態で過ごすことができます。
子供の視力低下の抑制にも注目されている手法です。

あとはコンタクトレンズ、メガネをかけるといった従来の手法により視力を確保するといったものになるかと
思います。

私はメガネやコンタクトレンズが煩わしいと感じてしまっていたので、裸眼で生活することが第一の条件でした。
私はレーシックを選択しましたが、現在ではアスリートも利用している目が良くなるトレーニングやオルソケラトロジー
という手法があるため、当時その手法を知っていたら違った選択をしていたかもしれません(笑)