ビジョンセラピーとは日本語で「視力療法」
アメリカ・ヨーロッパでは日本の病院の「眼科」の他に視力眼科「オプトメトリー」というものがあるようです。
日本にはありませんが、この制度は欧米先進国には普及しているようです。
この分野の一番普及している国はアメリカです。
アメリカでは、約20近くの大学にオプトメトリストを養成する学部が存在しています。
欧米諸国を始め、オプトメトリストの養成は世界中へと広まりつつあるようです。

オプトメトリストは日本ではまだ公的には認められていないものですが、アメリカではすでに100年以上もの長い歴史があります。そしてオプトメトリストが普及している国ではすでに高度の専門職であり、アジアにおいても、すでにオプトメトリーが制度化されている国、されつつある国があります。

日本でもやはくこの制度が認可されて、専門のプロに視力回復についての相談、トレーニングができたらもっと視力回復への関心も高まり、子どもたちの視力低下の抑制に繋がるのではと思います。