視力回復の方法は数多くありますが我が娘が実際に視力回復したたった一つの方法を教えます!娘は今でもこの回復トレーニングを定期的に行い、視力1.0をキープしています!

視力回復アプリで視力アップを実現!話題のアプリとは

  • HOME »
  • 視力回復アプリで視力アップを実現!話題のアプリとは

近年、パソコンだけでなくタブレットやスマホなどが一般に普及し、電車の中でも皆黙々とスマホの画面に見入っている姿をよく見かけます。

特に電車の中で揺れながら小さな画面の文字を見ているとかなり目を酷使しますし、視力も低下していきます。
そんな中で最近出回っているのが視力回復アプリと呼ばれるものです。

視力を回復させるためのしくみとしてはいくつかあります。代表的な物は3D視力回復アプリでしょう。
これはそもそも遠くのものを見たり、近くのものを見たりする作業を交互に行うことで、目の周りの筋肉をほぐし、視力を回復しようとするものです。

実際、このタイプのアプリは、1つの画像が近くに大きく見える状態からだんだん遠ざかって小さくなっていく過程をじっと見続け、さらにまたその画像が近づいてきてはまた遠ざかりという繰り返しで視力の回復を目指そうというものです。
このタイプのアプリはいろいろな種類が出回っていますが、どれも基本的には同じような理屈を応用しています。

あとは個人の好み次第です。たとえば背景の模様、色、画像が好みに合っているかどうかという程度のものです。以前はパソコンのフリーソフトなどでこの理屈を応用したものがよく出回っていましたが、現在はそれがスマホ用にアレンジされて、あちこちで使われています。
スマホ用ですから、どんなところでも視力回復トレーニングができるというのが強みですね。

ただ、だからといって寝転んだままスマホを使って視力回復トレーニングをするのは、あまりいただけません。かえって目の周囲の筋肉が凝ってしまうからです。
できれば正しい姿勢で使ってみましょう。

短時間でも毎日少しずつ続けていれば3ヶ月くらいで、いや1ヶ月半くらいでも、その効果は感じられるはずです。
ですからどんなアプリであっても継続してトレーニングを行うことが大切です。

私は「メアップ」というアプリを使いました。
とても使いやすくいつでもどこでも気軽にできるので、駅で電車を待っている間などの時間を使ってやっています。

これは、左右に並んだ画像が離れたり、近づいたりしながら動いていくのですが、これを追いかけるようにして見続けることで視力の回復をはかろうとするものです。

こうやって画像を追いかけながら目の周囲の筋肉をほぐしていこうということなのでしょう。
使い始めて半年ほどになりますが、私の場合は最初の1ヶ月半ほどで少しずつ効果が実感できるようになりました。

そして3ヶ月くらいで、実際に視力検査をすると以前よりだいぶ改善されていることがわかり、使って良かったと思っています。
要はそのアプリを信頼して継続して使うことが大切であるということです。

私の娘はこれで今も視力1.0をキープ


レーシックを受けてまた視力が低下した方でも効果があるアイ・トレーニング。一流スポーツ選手も取り入れるほどの視力回復プログラム!試してダメなら代金不要

PAGETOP