視力回復の方法は数多くありますが我が娘が実際に視力回復したたった一つの方法を教えます!娘は今でもこの回復トレーニングを定期的に行い、視力1.0をキープしています!

視力回復の方法

  • HOME »
  • 視力回復の方法

視力回復のたった一つの方法。娘は今も1.2を維持しています

裸眼の生活に戻してあげませんか?

私の娘は学校の視力検査でD判定と診断されました。
親としては子供の視力低下の事実はあせりますよね?
まさかとは思いつつ、あわてて眼科へ連れて行くと
やはり視力は0.3まで落ちていました・・・ミドリンMという目薬を処方されるも、
あまり視力は戻らず・・・。
(※このミドリンMに驚くべき事実があることはご存知でしょうか?ご興味のある方はこちら

そしてネット上の視力回復に良い物を片っ端から試しました。
中には全く役に立たないものもあり、
結構無駄なお金を使ってしまいましたが・・・やっと見つかりました。。

田中先生の「アイトレーニングで娘の視力は0.3→1.0まで回復したんです

子供の視力低下の速度は驚くほど早いのはご存知ですよね?お子さんの場合は成長期を過ぎる前に早めの対処を!

視力回復レーニング

トップアスリートも実践しているこの安全な視力回復法で「夏休みの間に是非一緒に」お子さんの視力を回復させてあげてください!
アイトレーニングとは?
「お茶の水ハカセ」「エチカの鏡」等、
TVでも話題1日たった13分
視力回復トレーニング。
6年間で987名のお子さんの視力を0.8以上に回復させた実績
試してみてダメなら代金不要の自信!
お客様の声
娘はレーシックをさせるわけにもいかず、ネットでいろいろと調べまくってたどり着いた「アイトレーニング」で視力回復をさせました
簡単な紐とビーズを使った4つのエクササイズを親子で楽しみながら続けること3ヶ月で0.3だった視力がぐんぐん回復。
今では1.0まで回復しています!が、油断大敵なのでやめずにちゃんと続けています^^;
田中先生より見せてもらった体験談と衝撃の事実
体験談1 体験談2 衝撃の事実
現役の眼科医のお母さんが自分の娘にだけ行っている方法
クリックで拡大します

視力回復に時間をかけず安心して視力を良くしたい方は
レーシックとは?
世界的に認められている安全性は高いが手術が必要となる視力回復方です。私もレーシックにより視力回復を行いましたが、痛みも無く、翌日から感動の世界が広がりました。レーザーにより角膜を削り視力の回復を図ります。毎年世界中で数百万人の方がレーシックを行なっている安全性の高い視力回復法です。実は私も4年前にレーシックで視力回復を行ったのですが、今でも両目1.5をキープしています。

視力回復の手術を受けるのは抵抗がある方はこちらの視力回復コンタクトがオススメ!
オルソケラトロジー
オルソケラトロジーとは?
今TV等で話題の、就寝中特殊な形状のコンタクトレンズを装着して寝るだけで角膜の形を矯正して視力回復を行う手法です。日本でも2009年に厚生労働省に承認された安全性の高い治療法で、成長期の子供の近視の進行を抑制する手法としても注目されています。手術をする必要がなく、レーシックのように手術に抵抗がある方や成長期の子供などに適した視力回復法として現在様々なメディアで取り上げられています。

視力回復の方法

視力回復の手法は現在様々な方法がありますが、一昔前は眼鏡をかけるという対策しかなかったかと思います。

その後コンタクトレンズが登場し、選択肢が広がったと言えます。

そしてレーシックやオルソケラトロジー、視力回復のトレーニングなど、現在では本当に様々な視力回復の手法があります。

特に子供の視力低下はいっきに進行するため、子供のための視力の低下を抑制するトレーニングなどが流行しているようです。

眼鏡は気軽に作ることができ、直接目に負担はかかりませんが、眼鏡をかけていると疲れやすかったり、スポーツをする場合邪魔になったりします。

コンタクトレンズは、ドライアイの原因や、ずれた時の痛み、就寝時には外さないといけないため少し面倒です。

レーシックという視力回復の方法は、裸眼で視力が回復しますので眼鏡やコンタクトの煩わしさからは解放されるかと思いますが、コスト面で問題が出てきます。

こういったように、視力回復に関してメリット、デメリットがありますのでよく考えて視力回復の方法を選んでいかなければいけません。

また、様々な手法が現在も考案され、年々その視力回復の選択肢が増えていっています。

視力回復.comでは、その手法を様々な角度から考えてご紹介していけたらと立ち上がったサイトです。

皆さんのご意見やご感想、視力回復の手法をいろいろと調べて情報公開していきます。

特に子供の視力低下を心配しているお父さんお母さんにも有用な情報をとりあげていきたいと思います。

子供の成長に伴い、視力の低下の速度は驚くほど速く、何も対処しなければあっという間に眼鏡やコンタクトレンズの生活が始まってしまいます。

子供の頃は外で思いっきりスポーツを楽しんだり、海や川で泳いだり、旅行で素敵な景色を見せたりと、様々な体験をさせてあげたいものです。

視力が悪ければ大人になっても鮮明にその記憶は蘇りません。

大人の方はレーシック等を行えば良いですが、その前に進行を抑制させる手法も登場しています。

ぜひ視力回復.comで事前に知識を得ておいて、いざ子供や自分の視力回復を考えるときにお役立ていただけたらと思います。

視力は死ぬまで使い続ける必要不可欠なものです。

しっかりとケアをして、毎日を明るく楽しい生活にしていきましょう。

視力低下の原因

視力低下の原因としてパソコンやゲーム、読書等、長時間そういった近くのものを見続けると、目のピント調整機能がうまく働かくなって視力低下を引き起こしてしまうようです。

昔から言われてきた、暗い所でゲームや読書をすると、瞳孔の調整機能に負担を多くかけてしまい、結果視力低下を引き起こしてしまうようです。やはりしっかりとした原因があるためそのように昔から言われてきたんですね。

横になってテレビや本をみるのも良くないようです。左右でものを見る距離が違うと上記で述べたピント機能に負担をかけ、時にずれが生じて視力低下の原因となるようです。

視力回復とまではいきませんが、

目のリラックス方法

最近ドラッグストアーでメグリズムという袋から取り出すと暖かい蒸気がでるアイマスクのような商品がありますが、同じ原理でタオルなどを暖かくして目にあてたりする、目を温めるという手法は、目の血行を良くして筋肉をほぐせるため、視力回復したりするようです。

遠くの緑を見なさいとよく親に言われたりしていましたが、その手法も目のピントを調整してくれるため効果的です。

目の運動として、上下左右を見て眼球をぐりぐりと回すのも筋肉をほぐすのに丁度よい運動のようです。

ビタミンAや亜鉛などサプリメントも効果的のようです。

[pr-mania]0[/pr-mania]

私の娘はこれで今も視力1.0をキープ


レーシックを受けてまた視力が低下した方でも効果があるアイ・トレーニング。一流スポーツ選手も取り入れるほどの視力回復プログラム!試してダメなら代金不要

PAGETOP