子供の視力低下の原因の多くはゲーム等、近くでものを見すぎによるものが多いといわれています。

近くのものを長時間見ていると、目のピント調節機能が狂い、ピント調節がうまくできなくなり遠くのものを見た場合ピントがうまく合わせられないtという事態がおこるようです。

気をつけなければいけないのは、眼鏡やコンタクトレンズにいより、視力の低下を加速させてしまう場合があるようです。
子供のころからそのような眼鏡やコンタクトレンズを使用すると本来のピント調節機能がますます働かなくなります。

本来人間は自然治癒能力を持っています。子供の視力低下は早めのトレーニングで抑制できるので、早めに対処をすることをオススメします。