視力回復の方法は数多くありますが我が娘が実際に視力回復したたった一つの方法を教えます!娘は今でもこの回復トレーニングを定期的に行い、視力1.0をキープしています!

レーシック

  • HOME »
  • レーシック


東京、札幌、名古屋、梅田、福岡にある世界最高水準の品川近視クリニック。
ちなみに管理人は大阪梅田でレーシックを行いました



下でも述べていますが、今でも視力は1.5をキープしています。
無料相談も行えますのでご興味のある方は是非!
管理人は品川近視クリニックでレーシックを行いましたので、
毎月最大5万円引きの特別ご優待チケットが送られてきます。
もしよろしければ、品川近視クリニックでレーシックをご検討の方へ
毎月先着5名様にご優待券をお譲りいたします。
下記メールアドレスまで紹介優待チケット希望の旨のメールをお送りください。



視力回復の手法としてレーシックがあります。

レーシックとは角膜の屈折を矯正する手術で、角膜にレーザーを照射して視力の矯正を行います。

手術とはいっても一日で終わり、術後数時間で帰宅できます。

毎年数百万人の人がレーシックにより視力回復を行なっている、世界的に認められている安全性の高い視力回復の手法になります。

スポーツ等をしていて、メガネやコンタクトレンズをするのが嫌な方や、コンタクトレンズやメガネの日々の煩わしさから開放されたい方などに人気です。

私も数年前にレーシック手術により視力回復を図りました。

やはり手術ということで身構えていましたが、いざレーシックの手術を受けてみると、痛みもなくあっという間に終わり、手術を受けて1時間後には1.0くらいまで視力回復していたかと思います。

その後1.5〜2.0くらいまで視力回復し、今でも裸眼で快適な生活をしています。

ただし、レーシックに不向きな場合があり、10代の成長期で視力がまだ安定していない方、妊婦さんや授乳中の方、レーシックを行うにあたって生まれつき角膜が薄い方等はあまり適していないと言われています。

そのため、レーシックの手術前には検査が行われ、レーシックによる視力回復が行えるのかどうかが診断されます。

一時期合併症がクローズアップされており、私も不安になっていた時期もあったのですが、クローズアップされていたのは一部の病院でしっかりと衛生管理をしていなかったため起こったことで、今でもレーシックの人気は衰えません。

体験談としては、術前の不安感が大きく印象に残っていますが、先にも述べましたが手術は一瞬で終わり、痛みもなかったためそこまで不安に思うこともなかったという印象です(笑)

ただ、術後目が乾いて翌日になるまで目がしょぼしょぼしていたのを覚えています。が、翌朝のクリアな感動の世界はいまでも鮮明に覚えています。

朝起きてメガネやコンタクトをすることなく、何もかもがクリアに見えるという世界は本当に素敵なものでした。

視力回復の手法は今では様々なものがありますが、私はこのレーシックという視力回復の手法を選び、今でも視力を維持できていますので、自分にとっては正しい選択だったかなと考えています。

どうしても手術が嫌な方は手術が不要のオルソケラトロジーという視力回復法もあります。当時は私はこの手法を知らなかったので選択肢にありませんでしたが(笑)

また視力回復トレーニングも様々な方法がありますので、早い段階でお子さんに対して行なってあげても良いかもしれません。視力が悪くなってからでは選択肢は狭まってきます。成長期のお子さんであれば視力回復トレーニングにより視力の低下の抑制が可能のようです。

是非この視力回復サイトで情報を仕入れてお役に立てていただければと思います。

私の娘はこれで今も視力1.0をキープ


レーシックを受けてまた視力が低下した方でも効果があるアイ・トレーニング。一流スポーツ選手も取り入れるほどの視力回復プログラム!試してダメなら代金不要

PAGETOP