視力回復.comです。

今回は視力低下の原因について少し書きます。

視力低下の原因は様々な要因があります。視力が低下するということは、近視、遠視、乱視と種類があります。

近視は近くにあるものを長時間見続けたり、地球の重力の影響により引き起こされる場合もあるようです。普段下向きで過ごす方、夜寝るときなどに目を枕に圧迫された状態で眠っている方、長期間そのような生活習慣で過ごすと目が縦長に伸びてしまうようです。それによって焦点が遠いものに合わせられなくなり、近視になる場合もあるようです。

乱視は視界がぼやけて見える等、ものが2重、3重に見えたりします。原因としては、遺伝による説もありますし、遠いものを見るとき目を細めたりしてみると目を覆っている角膜に歪みができたりして乱視が引き起こされたりするようです。

遠視の場合は近視の逆、遠いものを長時間見続けることで引き起こされたりするようです。

いずれにしても科学的にはしっかりと証明しにくい視力低下。

普段から気を付けて視力の低下を抑制するすることは可能です。

視力は低下してしまうとなかなか回復することは難しくなります。普段から気を付けてケアをしていきたいものですね。