疲れ目と眼精疲労は同じようにとらわれがちですが、実は別物のようです。

疲れ目とは、文字通り「一時的に疲れた目」。一晩寝れば回復するものが疲れ目。

一方眼精疲労は一晩寝てもなかなか回復せず、肩こりや頭痛などを引き起こすものが眼精疲労と呼ばれているようです。回復したと思ってもすぐにまた何らかの症状が出てしまったりするのが特徴です。

毎日長時間PCを操作したり、テレビやゲームを長時間行ったりすると、疲労が蓄積してきて眼精疲労を引き起こしてしまいます。また、心的要因も原因の一つとされ、ストレスや不安、日々の些細な悩みから引き起こされる場合もあるようです。

また、メガネやコンタクトレンズをしている方なら心当たりある人も少なくないとおもいますが、自分にあったメガネの度数ではないと非常に疲れたり、片方のコンタクトレンズを落として、片目だけコンタクトレンズが入っている状態で過ごすと、非常に疲れて頭痛を引き起こした経験はありませんか?

眼精疲労はそのような原因からおこります。

視力回復を行う上で、眼精疲労は天敵となります。
長時間PCやゲームをする場合は定期的に休憩を取り、目を休める時間を取って下さい。またメガネやコンタクトレンズはしっかりと自分に合ったものを用意しなければいけません。

定期的に眼科やメガネ屋に行き、検査してもらうことをオススメいたします。