目が見にくいと感じたり、目が疲れやすいと感じたら、まずは眼科に行きますね。
そこで視力が下がっていることが分かればさらに詳しく調べることになります。
遠視、乱視、老眼などの診断はこの時にされるのです。

老眼や乱視はよく聞きますが、遠視はあまり聞いたことがない人が多いでしょう。
老眼は歳を取れば多くの人に現れる症状で、誰もが知っている言葉です。
乱視も同様で、視力が低い人のほとんどが乱視だと言われています。
ですが、遠視というとあまり聞きなれません。
イメージとしては、遠くが良く見えて近くがよく見えないという感じですが、実際には近くも遠くもよく見えません。
どちらかというと、近くのほうがより見えにくいので、この点が近視とは違うところです。

遠視は目の焦点を正常に合わせることが難しく、ピントを合わせるために必要以上に目に負荷をかけています。
物を見ようとするとその都度目が余計なパワーを使っているので、目がひどく疲れてしまいます。
近視よりもさらに目を疲れさせてしまうのが遠視なのです。

遠視になったら眼鏡をするかレーシックを受けるしか解決策はないのか?と思っている方に朗報です。
実は自分で遠視を改善できる驚きの方法があるのです。
方法は一つではありません。
グッズを使ったり、エクササイズなどをして目の働きを正常に促す方法がいくつも存在しています。
どれが一番やりやすいか、生活スタイルや性格などと比較しながら挑戦してください。

遠視は小さな子どもに多い症状ですが、成長するにつれて正常に戻っていくことが多いです。
子どもが遠視だと診断されたら、眼鏡をかけて視力を矯正していきます。
レーシックは子どもは受ける事はできませんから、眼鏡だけが頼りということです。
しかし、眼鏡をかけるだけでは本当に改善されるのか、もっと効果的な方法はないものかと気になってしまいます。
もし、自分の子どもが遠視だと診断されたら、自宅でできる視力回復法を取り入れて改善を目指しましょう。