先天的に左右の視力差が激しい場合や、強い遠視であった場合などには、
本来であれば見ることでキャッチできる刺激が脳に伝達されずに、
脳の中にある視力に関わる部分が発達しないということがあります。
この状態が弱視です。

この弱視の場合、視力矯正器具を使用したとしても、十分な視力を獲得できないことが多くなります。
弱視の状態から視力回復させるためには、まずは生後2ヶ月〜8歳ほどという期間のうちに、弱視による視力低下があるかどうかを見極めなければなりません。

そしてそういった小さなお子さんの間に適用される治療は、弱視に合わせたメガネをかけるというものです。

お子さんがまだ小さいうちに眼科医による適切な治療を受ければ、弱視を治すということは可能になります。
一方で大人になると、脳の回路が完成しているので、子どもの弱視を治すよりも困難になります。

この弱視の視力回復法としては、アイパッチを使う方法が有名です。
黒いアイパッチを使い、視力が高いほうの目を覆うことで、視力が低いほうの目を使うようになります。

このことが弱視治療においては大切だと考えられています。
また弱視の場合には、レーシックをしたとしてもその効果を得ることはできないと考えられています。

ただこの先、レーシックなどの技術が発達したり弱視のための視力回復術が登場したりするということもありえます。
医学は日々進歩していますから、そういった可能性がまったくないということはないのです。

ただ現時点においては、弱視と判断された場合にはすぐ上記のような措置を取るということが大切になってきます。
そしてできるだけ早く弱視に気づくということが重要です。

お子さんの場合は、自分自身ではその見え方が普通だと考えているということがありますから、もし何か気になる点があれば、親御さんのほうからその見え方について働きかけていくということが大切になってきます。

このように簡単に視力回復できるとは言いがたいですが、希望を捨てないことが大切です。