視力の低下は、ゲームやパソコンの作業など長時間画面を見る疲れ目もひとつの原因となります。
疲れ目の改善方法は、目を閉じたり遠くを見たりと酷使しないことが一番良いですが、他に下記のような方法があります。

目を温める
目を温めることにより目やその周辺の毛細血管が拡張して血行がよくなり、疲れを回復しやすくなります。逆に冷やすのもいいように思いますが、これは血管が収縮して血行が悪くなります。目を冷やす行為は、気持ちがいいので目に良いと思いがちですが、疲労回復の面では逆効果となります。

ブルーベリーの摂取
ブルーベリーにはアントシアニンという物質が多く含まれており、そのアントシアニンが目に良い効果をもたらしてくれると言われています。サプリメントでも目の疲れにブルーベリー配合の商品も多く出回っています。

マッサージ
こちらも目の周辺の血行をよくさせるという意味では「目を温める」と同じことです。
直接目を触るのではなく、目の中心から外側にかけて上下の骨のでっぱりにそって血流を流すイメージで
軽くマッサージを行います。繰り返し上、下を行い約3分ほど行うと良いでしょう。
また目の周辺には眼精疲労のツボもいくつか存在しています。

視力回復のツボ

視力回復のツボ


これらの視力回復のツボを小さな円を書くように時計回り、反時計回りとあまり強くしすぎない程度でマッサージを行うと良いでしょう。